教育課程

皆さんが理学療法士の国家資格を取得するまでサポートします。
また、理学療法対象者となる方々のために、卒業後も自らを客観的に評価でき、自ら研鑽し続けられる理学療法士を育成したいと考えています。

基礎科目

科学的思考の基盤人間と生活
人間生物学 人体の構造とその働きを基礎的に学びます。 1年
情報科学 「情報」の扱い方、PCの基本的操作を学びます。 1年
英会話 一般的日常会話や臨床場面での英会話を学びます。 1年
科学と研究 理学療法における科学的思考力や研究法を学びます。 3年
統計学 研究法や論文読解に必要な統計学的知識を学びます。 3年

専門基礎科目

人体の構造と機能及び心身の発達
運動学 人体の運動がどのように、またなぜそのように起こるか学びます。 1年
体表解剖学 体表で触れる骨・筋・血管等を実際に確認します。 1年
解剖学見学実習 人体構造を実際に確認し、具体的イメージ化を図ります。 2年
運動機能解剖学 関節・筋の構造や特徴、運動機能との関連を学習します。 2年
神経解剖生理学 神経系の解剖学的構造と生理学的作用を学びます。 2年
内臓解剖生理学 内臓器の解剖学的構造と生理学的作用を学びます。 2年
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
病理学 様々な疾患の原因や、それによる形態・機能の変化を学びます。 2年
臨床心理学 臨床心理学の体系や心理テスト、心理療法を学びます。 2年
整形外科学 整形外科的疾患の病態と理学療法的リスクを学びます。 2年
内科学 内科的疾患の病態と理学療法的リスクを学びます。 2年
神経内科学 神経内科的疾患の病態と理学療法的リスクを学びます。 2年
精神医学 精神医学で扱う疾患の病態について学びます。 2年
老年医学 老化や、老年期疾患の病態・検査・治療を学びます。 2年
一般臨床医学 外科、脳外科、眼科・泌尿器疾患などの病態を学びます。 2年
リハビリテーション医学 医学的にみた様々な疾患による障害学を学びます。 2年
保健医療福祉とリハビリテーションの理念
リハビリテーション概論 理学療法にかかわるリハビリテーションの概要を学びます。 1年

専門科目

基礎理学療法学
理学療法概論 理学療法の意義・役割とその内容を学びます。 1年
病態運動学 各疾患によって起こる特徴的・病的運動を学びます。 1年
基礎理学療法演習Ⅰ 解剖学・生理学・運動学分野の総合的理解を図ります。 1年
基礎理学療法演習Ⅱ 解剖・生理学と各病態を統合し、総合的理解を図ります。 2年
基礎理学療法論 理学療法に必要な理学療法学の基礎を学びます。 2年
理学療法評価学
理学療法診断学 理学療法における推論および診断手法を学びます。 1年
理学療法評価学 臨床に適用できる評価技術を学びます。 1年
理学療法診断学演習 疾患別の理学療法診断過程を実践します。 2年
理学療法治療学
運動療法技術論 運動の身体的影響や、運動療法の適応・禁忌・実践を学びます。 1年
物理療法技術論 各物理療法の理論を理解し、適応・禁忌・実践を学びます。 1年
ADL技術論 ADLを理解し、ADL評価や練習・指導の実践を学びます。 1年
義肢装具学 義肢・装具の原理や特徴・適応を学びます。 1年
医療理学療法学 医療領域における急性期から回復期までの理学療法を学びます。 2年
保健理学療法学 予防医学領域における理学療法を学びます。 2年
福祉理学療法学 福祉制度、福祉領域における理学療法を学びます。 2年
総合理学治療学 理学療法全般について机上知識と臨床で得た知識や技術を統合・確認します。 3年
地域理学療法学
介護予防と自立支援 今後さらに重視される介護予防を理学療法的立場から学びます。 2年

専門科目(臨床実習)

臨床実習
理学療法概論実習 実際の見聞から、理学療法の具体的イメージ化を図ります。 1年
クリニカルクラークシップ 実際の見聞・体験から、理学療法や対象者の障害や可能性を考えます。 1年
理学療法診断学実習 臨床で理学療法診断過程を実践し、診断技能の向上を図ります。 2年
臨床理学療法実習 一連の理学療法過程を実践し、理学療法技能の向上を図ります。 3年