就職・進路

理学療法士として、
以下のような施設や病院で活躍することができます。

医療施設

種々の病気や外傷による身体運動や機能の低下に対して、病院または診療所内で運動療法や物理療法による治療を行ない、さまざまな訓練を実践指導します。

老人福祉施設

■介護老人保健施設

利用者の自立した生活を営むことを支援し、家庭復帰をめざします。また、施設は明るい家庭的な雰囲気を持ち、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行います。

■訪問看護ステーション

看護が必要な療養者の「生活の質」を高めること、また在宅で寝たきりの方々が、住み慣れた自宅や地域社会で、安心してケアが受けられ、日常生活動作能力の維持、回復が図られるように、そのお手伝いをします。

■特別養護老人ホーム

介護保険の要介護認定を受けたお年寄りで要介護1以上の方が利用できる入所施設(指定介護老人福祉施設)です。寝たきりや痴呆症など介護を要する方のお世話をします。

■デイケアー

介護を必要とする高齢者の方を、朝自宅まで迎えに行き、施設で各専門家による的確なプログラムに基づいた身体機能リハビリを行います。また食事、入浴、レクリエーションなどを行い、夕方自宅まで送るサー ビスです。

スポーツ関連

スポーツ障害に対して、予防的もしくはスポーツ復帰までのリハビリテーションを考え、そのスポーツに必要な体力、機能を得ることを目的としています。実業団やプロについて理学療法的な指導やケアを行います。

身体障害者更生援護施設

身体に障害のある方のうち特別な医療的治療、生活訓練、職業訓練を必要とする方また家庭での介護が困難な重度の障害者に対してその更生に必要な援護をする施設です。

児童福祉施設

すべての児童が、心身ともに健やかに成長することを目的とする施設です。健全な遊びを通して児童の情操を育む施設や、家庭的に恵まれない児童や精神・身体等に障害がある児童を通園又は入所させて、適切な保護指導を行う施設があります。

教育・研究施設

理学療法士教育施設(大学・短期大学・専門学校)において、理学療法士を目指す学生に指導を行ったり、研究施設において理学療法のさらなる発展のために研究を行います。

行政関係施設

保健所、保健センター、福祉センターなどにおいて、全市リハビリテーション体制の在り方や地域での展開について計画をたて、予算の策定または決算報告など を行います。また、市役所・町役場の保健・福祉関係では一般事務職や地域のケアスタッフと連携し、さまざまな情報収集を行いリハビリテーション施策の進捗 をはかります。