教育後援会

  • HOME > 
  • 教育後援会

教育後援会情報

看護リハビリ新潟保健医療専門学校 教育後援会会則

(名称及び事務局)
第1条 本会は、新潟保健医療専門学校教育後援会(以下「本会」という)と称する。
2 本会は、事務局を新潟県新潟市中央区花園2-2-7に置く。
(目 的)
第2条 本会は、新潟保健医療専門学校(以下「専門学校」という)を後援し専門学校と
家庭との連絡を密にし、相互の理解と協力によって教育活動を活発にし、専門学校の充実と発展を図る。
(会 員)
第3条 本会の会員は次の通りとする。
(1)正会員 :在学生の父母又は保証人
(2)特別会員:専門学校関係者および卒業生
(3)賛助会員:本会の趣旨に賛同し、また本会の発展に寄与する者
(事 業)
第4条 本会は本会則第2条の目的を達成するために次の事業を行うことができる。
(1)会員、教職員、学生相互の親睦の増進
(2)会報の発行
(3)会員名簿の作成
(4)学生の教育環境の整備拡充に対する協力
(5)学生のための厚生及び福利の増進施策に対する協力
(6)学生の奨学金給付
(7)学生弔慰
(8)学生のサークル等課外活動への助成
(9)教育後援会振興賞(成績・資格取得等優秀者)(仮称)への賞状
(10)その他本会の目的達成に必要な事業
(役 員)
第5条 本会の業務を行うために、次の役員を置き、役員会を構成する。
(1)名誉会長 1名(本校学校長)
(2)会 長 1名(父母側)
(3)副会長 1名(父母側)
(4)監 査 2名
(5)幹 事 2名(内、1名は父母、1名は教職員)
(役員の任期)
第6条 本会の役員の任期は、名誉会長を除く他の役員の任期は1か年とし、下記の方法により選出する。ただし、重任を妨げない。
2 会長は、役員会が会員のうちから候補者を推挙し、総会において選任する。
3 副会長・幹事及び監査は、役員会が会員のうちから協議のうえ候補者を推挙し、総会において選任する。
(役員の任期)
第7条 本会は、顧問を置くことができる。顧問は本会の目的達成のために必要な事項の諮問にこたえる。
2 顧問は役員会が選任し、その任期は1か年とする。ただし、再任を妨げない。
(役員の職務)
第8条 本会の役員の職務は次の通りとする。
(1)名誉会長は、本会の目的達成のために必要な指導にあたる。
(2)会長は、本会を代表し、会務を統括する。
(3)副会長は、会長を補佐し、会長に事故がある時は、職務を代行する。
(4)幹事は、本会の目的達成のための業務計画・立案実施に当たるとともに、運営に関し、これを審議決定する。また、本会の庶務及び会計の事務をつかさどる。
(5)監査は、本会の事業及び会計を監査する。
2 役員は、次期総会終結時までその職務を執行する。
(役員会)
第9条 本会の役員をもって役員会を組織し、必要に応じて会長はこれを召集する。
2 役員会は、本会の事業計画、総会の議案等総合的事項について協議し、本会の目的達成に必要な事業の企画運営にあたる。
3 役員会は、本会の事業遂行について決するものとし、必要に応じ随時開催する。
(総 会)
第10条 総会は毎年1回会長が招集し次の事項を承認する。但し、役員会をもってこれにかえることができる。
(1)役員の選出
(2)事業報告・決算
(3)事業計画・予算
(4)本会の重要事項の決議
(5)その他本会事業に関する事項
2 総会は、会長がこれを召集し、会務報告、前年度決算の承認ならびに新年度予算の審議決定、役員の改選その他重要な事項を協議する。ただし、必要に応じて臨時総会を開くことができる。
3 総会の定足数は、委任状提出者を含め会員の2分の1以上とし、議事は出席会員の過半数の同意を必要とする。
4 特に緊急を要する議決事項については、役員会において代行し、次回の総会に報告して事後承認を得るものとする。
(会 費)
第11条 本会の正会員は、その子弟の在学期間を通じる会費として、年額12,000円を毎年1回指定された時期に納入しなければならない。
(1)理学療法学科 36,000円(3年間計)
(2)看  護学科 36,000円(3年間計)
2 会費の徴収は、専門学校に委託して行う。
(会 計)
第12条 本会の経費は会費、寄付金その他の収入をもって充てる。
2 既納の会費は、返還しない。
(会計年度)
第13条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり3月31日に終わる。(委嘱)
第14条 本会の運営のための事務は、これを新潟保健医療専門学校事務局に委嘱する。
(改廃)
第15条 本会の会則を改廃する場合は、役員会の議決を経て、総会の承認を経なければならない。

附 則
この会則は、平成28年4月1日から施行する。