WHY?

なぜ国家試験合格率が高いのか?
なぜ退学者が少ないのか?
なぜこんなに進級率が高いのか?
ここでよかったと思える理由がここにある。

ALEC授業
ALEC

「分からない」を残さない。
学びを確実に自分のものに。

Hi!の授業は、座って先生の話を聞き、ノートを取る講義中心の授業ではありません。暗記や知識の詰め込みといった受け身の授業ではなく、自ら学びに行く能動的な学習システムを導入することにより、「できない」「わからない」を「できた」「わかった」に変えていきます。

その秘密は

アクティブ・ラーニング「ALEC(アレック)授業」を取り入れています。

退屈な講義の時間を短くし、「しゃべって、動いて、教え合う」ことに多くの時間を割きます。学ぶべき目標をはっきり示し、オリジナル教材「ALECノート」を活用し、学生がワクワクしながら動きまわる授業を展開します。

ALECで身に付く5つの力

卒業後も必ず役立つ「5つの力」。すぐに現場で活躍できる人材を目指します。

1
話す力

自分の意見だけではなくグループメンバーの意見を取り入れながらディスカッションを行うため論理的に会話を進める力が身につきます。

2
考える力

課題に対して様々な角度から解決策を導くことで物事に対する思考力が身につきます。

3
現場力

ALECは実際の仕事現場で必要とされる知識・技能を中心に学ぶため無駄な努力を することなく現場で役立つ人材へ成長できます。

4
協調力

ALECはグループ学習が中心です。クラスメイトと協力しながら学習を進めることで現場で必要とされる他者を思いやり協調する力が身につきます。

5
礼節

どんなに楽しく勉強しても親しき中にも礼儀あり。学内学習から現場を意識すること であいさつや身なり、言葉遣いが変わります。

ALEC授業のスタイル

必要な知識と技術を効率よく修得。授業の主役は、学生一人ひとりです。

講義時間は、たったの10分。ALECでは実践的な学びを重視し、90分授業のうち60分を「しゃべって」「動いて」「教え合う」アクティブ・ラーニングにあてています。学生が能動的に「やってみる」、さらには仲間と「教え合う」ことで、学びの定着率が高まります。

POINT:1
タブレット学習に最適化した
オリジナル教材「ALECノート」

Hi!のオリジナル教材ALECノートはその日の授業で何をマスターしなければならないか、どんな課題を行えば良いか、どのように自身の成長を確かめるか、といった学習のエッセンスが全てつまったオリジナル教材です。このALECノートはiPadを使用するのでペンも紙のノートも必要ありません。

POINT:2
スマホ+タブレットで
『スマタブ授業』

Hi!では、スマホやタブレットを使用したC-Learningを導入しています。授業資料、練習問題、さらには友達や先輩との「教え合い」も、いつでもどこでもスマホ・タブレットでアクセスできます。

POINT:3
自由に動くことができる机一体型の椅子
「Node Chair」

講義を聴く、メモを取る、テストを受ける、教え合う。授業中に必要なレイアウトは場面によって変わります。Node Chairがあれば様々な場面に適した形へすぐに移行し授業の効果を最大限に引き出してくれます。ディスカッションが活発になり、教え合い、高め合うことが可能なNode chairを使用したALEC授業はこれまで以上に学ぶことの楽しさを実感させてくれます。

プロジェクト学習
PROJECFT LEARNING

基礎を身につけ、さらに上へ。知識を深める最新の学習法。

アクティブ・ラーニング「ALEC授業」に加え、Hi!ではもう一段階上の主体的な学び「プロジェクト学習」を導入しています。日々の授業から生まれる「もっとこの分野を知りたい」という一人ひとりの探究心の種を育て、看護師や理学療法士としてより大きな花を咲かせるための学習システムです。

プロジェクト学習

自分の興味のある分野を納得するまで追求できる新しい学習法「プロジェクト学習」

プロジェクト学習は自分の興味・関心に基づいたゴールを設定し、調べ学習を行い、その成果をまとめることで成長していく新しい学習法です。

プロジェクト学習の流れ

看護師、理学療法士はその専門性の高さから、活躍するフィールドや対象疾患は多岐に渡ります。「新生児の看護について勉強したい!」「スポーツ理学療法を極めたい!」など学生の興味・関心は様々です。Hi!のプロジェクト学習はそんな要望を叶えられる学習法です。自分の興味があることについてゴールを設定し、調べ学習を行い、その成果をまとめ、クラスメイトと共有することでこれまでにない学生主体の学びが実現します。

1
[ ゴール設定 ]

自分の興味・関心をもとに「〇〇についてこうなりたい」というゴールを設定します。

2
[ 調べ学習 ]

ゴールを達成できるように参考書やネットで調査を行うことはもちろん、実際の現場にインタビューに出向くことも可能です。講師のサポートも受けながら納得いくまで調べ学習を行えます。

3
[ まとめ作業 ]

プロジェクト学習で何を学んだのか、どのように成長したのか、これから自分はどのように看護師、理学療法士として歩んでいくのかをまとめます。まとめた内容はクラスメイトと共有することでさらに精度を高めることが可能です。